賃貸物件の補修・修理写真
賃貸物件の場合、入居者・家主・不動産の3者が絡むので、予算・工事規模・日時などで調整が大変です。建物の寿命や耐久性を考えれば、できるだけきちんと工事をしたいところですが、毎月の家賃収入ではそれもままならず。かといって、放置するわけにもいかず、結論は最低の予算で実行する・・ということが多いのです。(^_^;)
左写真は、柱だけを交換という内容

屋根材は既に破損

雨樋も破損

できれば全部交換した方が安全面からいいのですが、なかなかそうはいかず・・(^_^;)
束コンクリートを新しく、柱3本を交換して完成です。それでもたっぷり3時間以上かかるんですけどねぇ。
浴室部分・・タイルを見ればわかりますが、既に建築されてから30年近く経過してます。

左側は、腐食と白蟻でボロボロになってますが、ここも超速乾セメントで仕上げるという方法。

予算がないというのは、ほんと一時しのぎです。
こちらは玄関脇の外壁

ベニヤ板だけの昔の建物。

シロアリで土台・柱・・あらゆる場所が食い尽くされています。

それでも部分的・・・・(-_-;)

難しいところです・・・(^_^;)