鉄骨階段塗装&排水の工夫
さて、今回はよくある鉄骨の階段の塗り替え解説しましょう。左の最初の写真ですが、鉄骨とモルタル、そしてその上にスリップ防止用のシートが接着された現場です。スリップ防止シートは、防水シートです。ですからしっかりと接着され、隅々にコーキングなどが施されていれば問題なかったのですが・・・今回はちと厄介。二番目の写真でわかるように、青い鉄骨との境界線から水が入り、ボロボロ錆が出てきたわけです。中央・右端の写真でもわかるように、裏側にも錆が流れるように出ています。
そこで提案したのは、両端のシートを切って、水の逃げ道を作ろう!ということです。でも実際にはかなり大変な作業です。ステップを外し、こちらもカット。(アルミと塩ビを別々に切ります。)それから接着されているシートもカット。それからまた取り付けになりますが、塩ビは寒さで硬くなっています。だから熱湯の中に漬け込んで柔らかくしたりとか・・・手間がかなりかかりますね。
ステップを外して、カットする部分の線を書いてます。
水が入る理由がはっきり。アルミステップの部分でシートを接着するためにカットされていたのです
この二枚の写真はまったく同じ場所のものです。左側は、錆が出てきて、茶色に変色しているもの。右側は薬品処理で錆を綺麗に除去したところです。
両端をカットし、ステップをつける直前です。白くみえるのは、コーキング剤。接合部分からの水の浸入をとめるように施工しています。
さて、こちらが両端をカットして、ステップも取り付けたところです。この後はいよいよ塗装。ここまでで丸1日かかりました。
@ ステップの解体・切断A シートの切断・再接着
B 錆の薬品処理C 塗装前のケレン作業
D 高圧洗浄E ステップの取り付け・ビスは新しく取り替えます。F 塗装1回目 
さて、こちらは作業第二段、塗装工事の写真です。工程と仕上がりについて説明していきましょう。
ペンキが他の場所に付着しないよう、養生します。この階段階段を養生するだけで、1時間はたっぷりかかります。
まずは1回目の塗装・・・大きな脚立は2.4メートルあります。これがないと、届きません。
こちらが完成写真です。上の写真と見比べてもはっきりわかりますよね。(^_^;) 塗るという工程の中には、いくつも細かい注意点があります。また今回のように幾つか違う作業が入っていれば、作業の優先順位も必要になります。何はともあれ・・無事作業が終わってホッとしましたぁ。。
会社概要  業務案内  注文制作  賃貸物件保守 点検・修理  工事写真  商品価格情報  協力会社

取り扱いメーカー 
 DIY写真掲示板  DIY相談室  相互リンク  リンク  掲示板  新・必殺仕事人日記
トップに戻る