これが凍害で割れたタイルです。古いタイルのため、なおさらひどくなっています。
ダイヤモンドカッターで切り込みを入れてから、ピックではつります。この工程ででたゴミ・・土嚢袋・10袋もあるんですよ。
凹凸のできた部分をセメントと砂で平にします。この時タイルの厚みを計算して、既存のタイルから約3cm下げた状態で固めます。そして丸一日・・コンクリートが固まるまで待ちます。
さて、ここからは本職のタイル職人さんの出番です。今回使用したタイルは、I メーカーの高級品。タイル屋さんでないと、製品が入らないことと、私の仕事の関係(塗装・大工工事の兼ね合い)で、職人さんに依頼しました。中間手数料をとらなくても、お客様に満足して頂けることを最優先にすれば当然のこと。分業することで、工事の日数も当然短縮。・・・・・・・の予定でしたが・・・・雨でだめだった・・・(T∇T) ウウウそれでも、お客様には大満足して頂けました。o(*^▽^*)o
目地用セメントを塗って、綺麗に拭き取ります。右の写真は、拭き取った直後のため、
所々が白っぽくなっています。完全に拭き取れば、タイルの色も出てきます。

トップに戻る

会社概要  業務案内  注文制作  賃貸物件保守 点検・修理  工事写真  商品価格情報  協力会社

取り扱いメーカー 
 DIY写真掲示板  DIY相談室  相互リンク  リンク  掲示板  新・必殺仕事人日記
タイルの補修工事
タイルの補修工事です。タイルは玄関・キッチン・浴室・生活の中に溶け込んでいます。
ちょっとした修理から全面の張替えなどお気軽にご相談下さい。
仙台市太白区の現場
仙台市太白区八木山の現場
浮き上がったタイルです
手前鉄板位置からモルタルを剥がし、タイルを除去
交換するタイルを仮置きします。
えぐれたモルタルを修復し、タイルを載せてゆきます。
タイルを置いて暫くしてから目地用セメントを塗ります。
汚れた部分をスポンジで拭き取り仕上げます
手前鉄板部分のモルタルも補修。枚数が少ないこともあり、所要時間は2時間ぐらい。タイル枚数は12枚です。それでも出たゴミは、20kgぐらいのコンクリートです。